10:23 2020年09月20日
スポーツ
短縮 URL
0 14
でフォローする

米国の総合格闘家トニー・ファーガソン選手が米国ESPNチャンネルの「アリエル・ヘルワニズMMAショー」の中継で、ロシアのハビブ・ヌルマゴメドフ選手はファーガソン選手との試合をわざと避け、プロとしてのキャリアに幕を下ろす時期に来たと語った。

4月18日、ニューヨークのブルックリンで総合格闘技イベントUFC249が開催され、メインイベントとしてヌルマゴメドフ選手とファーガソン選手の対戦が予定されていた。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、ヌルマゴメドフ選手はダゲスタン共和国にもどり、その後、現在の状況で試合を行うことはふさわしくないということから、大会に出場することはできないと発表した。最終的に大会自体も新型コロナウイルスの影響から中止となった。

「問題はUFCにあるのではない。ハビブ自身それを理解している。彼は逃げ出した、まるで震える足の間に尻尾を垂らした犬のように」とファーガソン選手はコメントした。しかし、ファーガソン選手はヌルマゴメドフ選手がすべて順調であることを願っていると強調した。

関連ニュース

ヌルマゴメドフのコーチ ファーガソンとの対決はどの場合に成立するかを語る

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント