11:20 2020年10月30日
スポーツ
短縮 URL
0 23
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、コロナウイルスの影響で自宅隔離と社会的距離を守る今の時代、サイバースポーツ(エレクトロニックスポーツ、eSports)はスポーツムーブメントを推し進める新たな可能性を提供し、各国際連盟はその機会を活用しなければならないとの見解を示した。

バッハ会長は、一部競技団体は今の困難な時期に創造性を大きく発揮し、オンラインで国際大会を開催していると指摘。

IOCの公式サイトはバッハ会長の「社会的距離が私たちとサイバースポーツにどう影響するか理解しなければならない。IOCの原則を維持し、オリンピックの価値を守りながら、すべての当事者に対して、競技のエレクトロニックやバーチャル形式運営について早急に考えることを求める」という意見を掲載した。

バッハ会長は「一部国際連盟はすでに創造性を大きく発揮し、遠隔試合を開催している。我々はさらにこの試みを強化し、新たなチャレンジと可能性に対応するため、合同ワーキンググループを呼びかける」と結んでいる。

関連ニュース

タグ
国際オリンピック委員会
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント