12:59 2020年08月07日
スポーツ
短縮 URL
0 01
でフォローする

体操女子の英国代表チームのメンバーが、コーチから虐待を受けていたと告白した。英テレビ局「ITV」が報じている。

2014年の欧州ジュニアチャンピオンで、ジュニアオリンピック金メダリストのキャサリン・ライオンズさんは「精神的・身体虐待は全く普通のことでした。私たちはコーチを恐れることを教わり、それが唯一のトレーニング方法でした。もし殴られなければ、私は自分がここまでのレベルに到達できていたかどうか分かりません」と語った。ライオンズさんによると、多くの体操選手が鎮痛剤を使ってトレーニングに励んでいたという。

2000年シドニー夏季五輪の出場者で、1998年コモンウェルズゲームズのチャンピオンのリサ・メイソンさんは、コーチが彼女の手から血が出るまで段違い平行棒の練習をさせてきたこと、余分な体重があることを理由にメイソンさんを皆の前に下着姿で立たせたことについて語った。

メイソンさんは最後に「これは普通のことだったんです。虐待だと気がつきませんでした」と締め括った。

関連記事

タグ
スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント