23:59 2020年08月13日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国のテニス選手、セリーナ・ウィリアムズ(オリンピック金メダル4個、グランドスラム23回優勝)が、全米女子サッカー・リーグ(NWSL)の新クラブの共同オーナーになる。また、ハリウッド女優のナタリー・ポートマンも共同オーナーの1人になる。

21日、NWSLが2022年からチャンピオンシップにロサンゼルスのチームを加える計画であることがわかった。

クラブは、セリーナ・ウィリアムズとナタリー・ポートマンのほか、元サッカー米国女子代表メンバーのミア・ハム、ジュリー・フォーディ、アビー・ワンバックが共同で所有する。

​NWSLは2012年に創立され、現在は米国の9つのクラブが参加している。

関連ニュース

タグ
スポーツ, サッカー, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント