14:58 2020年09月20日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシア・プレミアリーグ(RPL)では23日、FCロストフがFCウファと対戦し、橋本選手が移籍後に決めた初ゴールでチームに勝利をもたらした。

FCロストフはFCウファとの試合に1-0で勝利した。FC東京から2020年8月に移籍した橋本拳人選手は後半34分、味方からのサポートを受けてゴールを決めた。

橋本選手はこの試合でベストプレイヤーに選ばれた。試合後の会見で橋本選手は「とても幸せ」と語った。

​​FCウファは前半39分でヴャチェスラフ・クロトフ選手が退場となり、チームは10人でのプレイを強いられていた。

FCロストフは負けが続いており、念願の勝利だった。次は8月26日にFCウラルと対戦する。

関連ニュース

タグ
スポーツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント