14:47 2020年09月22日
スポーツ
短縮 URL
0 13
でフォローする

総合格闘家のエンセン井上氏が、2000年代前半に総合格闘技最大のプロモーションだった日本の総合格闘技団体Pride FCが、どのように崩壊し始めたかについて語った。 当時の出来事は、Prideさらには総合格闘技全体の主要なスターだったロシアの総合格闘家エメリヤーエンコ・ヒョードル氏(43)に関係しているという。エンセン井上へのインタビューは、YouTubeチャンネル「GrangeTV」で公開されている。

エンセン井上氏によると、Prideは暴力団とつながりを持っていた。これは周知の事実だったという。エメリヤーエンコ氏は暴力団員と「問題」を抱えていたとされる。暴力団員たちはエメリヤーエンコ氏のことを友人だと考え、エメリヤーエンコ氏の試合に対してPrideから報酬を得ようとしていたという。

この情報がマスコミに漏れ、Prideの大手スポンサーの一つだったフジテレビが撤退、Prideの衰退が始まったとされる。2007年に米総合格闘技団体UFCがPrideを買収し、UFCは世界最大の総合格闘技プロモーションとなった。

先に、米総合格闘技団体Bellatorの代表が、エメリヤーエンコとブロック・レスナー(米国)の試合に関心を示していると報じられた。現時点でエメリヤーエンコ氏はBellatorと契約を結んでいる。エメリヤーエンコの戦績は39勝6敗、無効試合が1試合。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント