16:51 2020年10月01日
スポーツ
短縮 URL
0 01
でフォローする

13日に行われたパリ・サンジェルマンFC(PSG)とマルセイユFCの試合で起こった乱闘を受け、フランス・プロリーグ機構(LFP)はPSGのネイマール選手(FW)を含むら5名の処分を発表した。

PSGは13日、本拠地で行われたマルセイユFCとの試合に0対1で敗れた。

試合終盤では乱闘となり、​ネイマール選手はこの場面で、マルセイユのアルバロ・ゴンサレス選手(DF)の後頭部を叩いた模様。

この乱闘を受けて審判はネイマール選手を含むPSGの選手3人にレッドカードを出した。マルセイユ側も2人の選手にレッドカードが出されている。

試合後、ネイマール選手は自身の行動を反省しつつ、ゴンサレス選手から人種差別的発言を受けたと主張した。

​一方のマルセイユ側はこれについて、そうした行為はなかったと否定した。

関連ニュース

タグ
スポーツ, サッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント