21:07 2020年10月20日
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

「ヌルマゴメドフ2世」との呼び声も高い、チェチェン出身でスウェーデン国籍の総合格闘家ハムザット・チマエフ選手(26)が、ラスベガスで行われたUFC178でジェラルド・マーシャート選手(米国)を下した。

チマエフ選手は第1撃で相手をKO。右ストレートがマーシャート選手の顎にクリーンヒットし、マーシャート選手はリングに倒れた。試合時間がわずか17秒だった。

​チマエフ選手のKO勝ちはUFCミドル級史上3番目のスピード記録となった。これまで最短はマーク・ウェイア選手の10秒、テリー・マーティン選手の14秒と続く。

チマエフ選手はこれでUFC9勝目を飾った。現時点で無敗。マーシャート選手は7月15日の対ジョン・フィリップス(ウェールズ)がデビュー戦。絞め技で相手を下した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント