09:14 2020年10月25日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フランス・プロリーグ機構(LFP)は23日、パリ・サンジェルマン(PSG)のアンヘル・ディ・マリア選手(MF)が13日に行われたマルセイユとの試合で相手チームの選手に唾を吐きかけたとし、4試合の出場停止処分を科した。

ディ・マリア選手は13日に行われた第3節のPSG対マルセイユの試合に先発フル出場した。

​終了間際に起こった乱闘により、両チーム合わせて5選手が退場した。この試合でマルセイユのアルバロ・ゴンサレス選手(DF)はディ・マリア選手から唾を吐きかけられたと訴えていた。

​この同試合でゴンサレス選手はPSGのネイマール選手に人種差別的発言行ったとされており、これに憤ったネイマール選手が相手の後頭部を叩き、レッドカードを出されている。

ディ・マリア選手はまさにこの乱闘時にゴンザレス選手に唾を吐いたと見られている。

関連ニュース

タグ
スポーツ, サッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント