14:06 2020年10月30日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

今日、10月2日、ホンダは2021年末をもって自動車レース「F1」へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了することを公式的に発表した。この決定は同社の公式サイトに掲載された。

ホンダ公式サイトのツィッターはF1撤退について、2050年までにカーボンニュートラルを実現すべく、エンジニアリソースを再配分し、それに集中して投入していくためと理由を説明している。

​ホンダは2015年にF1に復帰し、マクラーレンのエンジンのサプライヤーとして参戦してきた。2020年、ホンダはレッドブル、アルファタウリと協力関係を結んでいる。アルファタウリからはロシア人レーサーのダニール・クビアトが参戦している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント