09:15 2020年10月25日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

総合格闘技UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ選手の従兄弟で同じくUFC登録のウマル・ヌルマゴメドフ選手(24、ロシア)がドバイで入院した。

関係者によるとウマル・ヌルマゴメドフ選手はインフルエンザとみられ、発熱と吐き気で入院した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Nmgdv (@umar_nurmagomedov)

ウマル選手は25日のUFC254でデビューを控えている。対戦相手はカザフスタンのセルゲイ・モロゾフ選手。その日のメインイベントは従兄弟のハビブ・ヌルマゴメドフ選手のライト級タイトル防衛戦で、ジャスティン・ゲイジー選手(米国)を相手に戦う。

ウマル・ヌルマゴメドフ選手の戦歴は12勝0敗。米国でもすでにプロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(Professional Fighters League、 PFL)に出場経験がある。ハビブ選手と同様、カリフォルニア州でハビエル・メンデス氏が代表を務めるアメリカン・キックボクシング・アカデミーでトレーニングしている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント