02:07 2020年11月30日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

アイルランドの男性総合格闘家コナー・マクレガー選手は、総合格闘技プロモーション企業「UFC」で1500万ドル(約15億6400万円)以上の賞金を受け取ってきたことが分かった。英紙ザ・サンが報じている。

同紙によると、マクレガー選手はドナルド・セローニ選手との対戦で自身の賞金最高額の500万ドル(約5億2100万円)を獲得。

マクレガー選手は、ロシア人のハビブ・ヌルマゴメドフ選手と戦ったあの有名な試合では300万ドル(約3億1300万円)を手にしている。エディ・アルバレス選手やネイト・ディアス選手とのリベンジマッチでも同額のギャラを獲得した。

さらにマクレガー選手は、ネイト・ディアス選手との初対戦で100万ドル(約1億円)を獲得。しかしマクレガー選手は、UFCでの最初の6試合、チャド・メンデス選手やホセ・アルド選手との対戦で獲得した賞金は合計で50万ドル(約5200万円)だった。

2020年6月、総合格闘技で3度目の引退を発表したマクレガー選手。同選手の通算成績は、22勝4敗。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント