20:51 2020年11月30日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米ボクサーの元世界王者、フロイド・メイウェザー・ジュニアさん(43)が2021年2月に東京のリングに帰ってくる。大会組織関係者の話としてフランスプレスが伝えた。

この大イベントは2021年2月28日に開催。対戦相手や対戦ルールについては明らかにされていない。組織関係者は、大会には「チャンピオンクラス」の選手が出場するとは語ったものの、その他の詳細は明されなかった

メイウェザー・ジュニアさんは「東京、日本。2021年に帰る」と動画メッセージを送り「東京で2021年にオリンピックが開催されるが、私、フロイド・メイウェザーとそのチームは東京ドームでもっとビッグなことをする。もうそこに向かって準備をしている」と語った。

メイウェザー・ジュニア選手は2017年8月にボクシングルールで総合格闘家のコナー・マクレガー選手(アイルランド)と対戦。3度目の引退試合を勝利で飾った。メイウェザー・ジュニア選手は無敵のボクサーで、通算成績50勝、そのうち27勝はKO勝ちという強さを誇った。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント