09:20 2021年01月28日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

27日、大阪で開幕のフィギュア・グランプリシリーズ・NHK杯、男子シングルのショートプログラムでは、ユースオリンピック金メダルの鍵山優真 選手(17)が87.26点を獲得して首位発進した。

​2位には友野 一希選手(22)が83.27点、3位には本田 ルーカス剛史選手(18)が79.22点で続いている。

羽生結弦選手は、コロナ感染と持病の気管支喘息の懸念から慎重な行動が必要と判断し、8月の時点でグランプリシリーズへの出場を辞退しており、本大会は欠場している。

同日に行われた女子SPでは坂本花織選手(20)が順調な滑り出しを見せ、首位にたった。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
日本, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント