01:04 2021年03月09日
スポーツ
短縮 URL
0 02
でフォローする

サッカーの2022年W杯の開催地カタールは、「完全に正常」な状況でW杯を開催することに期待している。カタールW杯組織委員会のナセル・アル・ ハタル氏が発表した。

サッカーW杯はカタールの5つの都市で2022年11月21日から12月18日に開催される予定。

アル・ ハタル氏は「(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの登場とその配布は、言うまでもなく、すべての人にとって朗報だ」と述べ、「2022年までに実際にすべてが正常に戻ることに非常に期待しており、ファンを迎えて正常で上首尾なW杯を開催することを心待ちにしている」と発表した。AP通信が報じた。

またアル・ ハタル氏は「2022年のW杯が11月と12月に発表されたとき、当時はリーグ予定の中止について多くの協議があったことは明らかだ。一方、(新型コロナの)パンデミックを受け、多くの選手権大会が状況に適応できることがわかった」と指摘した。

 7日、スイスのチューリッヒで2022年W杯の欧州予選の組み合わせ抽選会が行われる。抽選会はオンライン形式で実施され、モスクワ時間20時(日本時間26時)に始まる。

先に、カタールは国際オリンピック委員会(IOC)に対し、2032年夏季五輪の招致の意向を書簡で伝えたと報じられた。

関連ニュース

タグ
FIFA, サッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント