02:16 2021年04月19日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国の総合格闘家トニー・ファーガソン選手がロシアのハビブ・ヌルマゴメドフ選手との試合に向けロシア語を覚えたと語った。「BTスポーツ」が同氏のコメントを紹介した。

ファーガソン選手は、常にヌルマゴメドフ戦に備えており、同選手がリングに復帰するのを待ち望んでいると表明した。

ファーガソン選手は、「俺はハビブの完全なデータを持っている。ロシア語も覚えたし、驚かす準備もできている。あいつが復帰するつもりなら、しっかり準備するべきだ。俺との対戦が実現しなかったからあいつはプッシュアップ200回をしなければならない。俺はあいつを必ず倒すよ」と力説した。

ヌルマゴメドフ選手は10月24日、米総合格闘技団体UFCのライト級タイトルマッチで米国のジャスティン・ゲイジー選手を下して王者防衛を果たし、その後現役を引退した。2020年春にファーガソン選手はゲイジー選手との対戦で敗れ、ヌルマゴメドフ選手とのタイトル戦のチャンスを失った。これまで両選手の対戦は何度となく実現の機会を逸している

タグ
ハビブ・ヌルマゴメドフ, 格闘技, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント