11:29 2021年01月24日
スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (206)
0 19
でフォローする

ワールドアスレティックス(世界陸連)のセバスチャン・コー会長は、新型コロナウイルスの感染拡大状況さえ許せば、東京でのオリンピックは開催され、観客も競技を観戦できると確信していると述べた。

3月、国際オリンピック委員会(IOC)と東京大会組織委員会は、コロナウイルスの感染拡大によって、東京での夏季オリンピックを2021年へ延期することを発表した。大会は2021年7月23日から8月8日まで行われる予定。また、日本が外国人の観客の立会いを許可するかどうか、外国人の観客数に制限を設けるかどうかは2021年春に決定される。

コー会長は「大会は開催されると思う。今は誰もわからないが、スタジアムはファンでいっぱいになると確信している。しかし、ソーシャルディスタンスの要素はまだ存在すると思う」と述べた。

2021年の東京五輪・パラリンピックに関して、菅義偉首相は4日、国連の特別総会で行ったビデオ演説で「安全・安心な大会を実現するため、全力で取り組んでいく」と表明した

また、IOCのトーマス・バッハ会長は、11月22日にオンライン形式で開催されたG20サミット(主要20か国首脳会議)で演説を行い、東京五輪開催に向けて国際的な連帯の強化を呼びかけた。その中でバッハ会長は、パンデミックによりスポーツの重要性がさらに確認されたことを指摘した。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (206)
タグ
スポーツ, 日本, 東京, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント