09:18 2021年01月28日
スポーツ
短縮 URL
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (88)
0 01
でフォローする

ロシアのスポーツ選手は、2022年12月16日まで大規模な国際大会にロシア国旗を掲げて出場することはできない。この件に関して通信社スプートニクが入手したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定で示されている。

決定によれば、CASは、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)とロシアアンチ・ドーピング機関間の状況に関わりロシア選手へのWADAの制裁を緩和した。

2019年12月にWADAはロシアに4年間の国際大会への出場を禁じた。その中には五輪や世界選手権も含まれる。

裁判所が改定した決定に従い、ロシア選手は2022年12月16日までの2年間、国旗を掲げての大会出場はできないことに変更された。

この期間、ロシアは世界選手権や五輪、パラリンピックの開催権を失う。その際、制裁措置はサッカー欧州選手権(2021年)とUEFAチャンピオンズリーグ決勝(2022年)の開催地としてサンクト・ペテルブルクを除外することはない。

関連記事

トピック
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (88)
タグ
ロシア, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント