21:26 2021年03月03日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

49戦のキャリアを終えた米国の総合格闘家チェール・ソネンは、アイルランドの格闘家コナー・マクレガーのUFC257の試合を酷評した。

UFCおよびBellatorで活躍した同選手は、ダスティン・ポイエー戦について、マクレガーは1年以上リングに上がっていないと指摘した。

チェール・ソネンは、スポーツチャンネルESPNの取材で、「俺たちは定期的に闘わなければいい状態にはならない。マクレガーは1年が過ぎて、4試合闘いたいと言い出した。あいつには1試合が用意されたが、正直に言えば、この決定は間違いだった。あいつの動きはスローで、覇気がなかったよ。この敗戦は当然だと言える」と語った。

昨日、コナー・マクレガーは、UFC257のメインイベントでダスティン・ポイエーと対戦。マクレガー選手のキャリアで初のノックアウト負けとなった。同選手の敗戦はキャリアでは5回目、この6試合では3回目となる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント