10:53 2021年02月28日
スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (233)
0 06
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)、東京オリンピック組織委員会は2021年に東京大会を安心・安全に実施する「ルールブック(規則集)」初版を公開した。IOCの公式サイトに掲載されている。

大会参加者は体調管理アプリの使用を義務付けられ、また握手などの身体的接触をできるだけ避け、お互いの距離を2メートル保ち、自身の行動計画を立てなければならない。選手・関係者は自分が出場しない試合を観戦することはできず、観客には声援や拍手が禁止事項となる予定。

全ての関係者は東京に向かう14日前にコロナウイルス検査陰性証明を提出する必要があり、この間の外部接触は制限することが好ましい。大会参加にあたり参加者のワクチン接種は強制ではないが、上述のルールはワクチンを接種済みかそうでないかにかかわらず、全選手に対して適用される。安全ルールを違反した選手・関係者は、大会から除外される恐れもあるという。

ルールブック次版は4月頃に発表される予定。


関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (233)
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント