14:09 2021年03月05日
スポーツ

森会長の後任、川渕氏で調整=マスコミ

スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (236)
0 11
でフォローする

日本のマスコミは11日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任の意向を関係者に伝えたと報じた。森氏は女性を蔑視する発言をし、国内外から批判を受けていた。

朝日新聞などの日本のマスコミによると、森氏の後任は、選手村村長の元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏で調整されている。

川淵氏は、サッカー日本代表として1964年東京五輪に出場、1991年にJリーグ初代チェアマンに就任し、日本サッカー協会会長などを歴任した。同氏は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の評議員で、選手村の村長。

11日、日本のマスコミは、森氏が辞任の方向で調整に入ったと報じた。 

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (236)
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント