19:09 2021年04月11日
スポーツ
短縮 URL
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
0 10
でフォローする

ストックホルムのフィギュア世界選手権男子シングル、ショートプログラム(SP)で日本の 宇野昌磨選手(23)が92.96点を獲得し、暫定3位に入った。

宇野はトリプルアクセルで惜しい転倒でスコアが伸び悩んだが、力強いプログラムを身体中にみなぎらせたスケーティングで高得点を維持した。ロシア人コメンテーターらは演技の始まる前からプログラムを絶賛。今の宇野にぴったりのナンバーで、演技が終わった後の顔つきも満足感が感じられた。
暫定で鍵山が首位、ロシアのコリヤダーが2位に入ってる。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
タグ
宇野昌磨, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント