23:31 2021年04月23日
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

フィギュアスケートのアレクセイ・ミーシンコーチが、同氏が指導するエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(24)は北京五輪に当然出場するつもりであると語った。

トゥクタミシェワ選手は、ストックホルムで開催された世界選手権で銀メダルを獲得し、日本で行なわれるフィギュアスケート国別対抗戦への出場権を獲得している。北京五輪は2022年に開催が予定される。

トゥクタミシェワ選手のプランに関する記者らの質問に答え、ミーシンコーチは、「私たちは五輪に出場し、当然、演技を行なうことを計画しています。そのため現在すでに、彼女が十分な準備ができるよう、トレーニングとプログラム構成、選曲、それに向けたルーチンに着手しています」と語った。

ストックホルムで開催された世界選手権では、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手は、ロシアのアンナ・シェルバコワ選手(当時16)には敗れたものの、銀メダルを獲得したのは記憶に新しい。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント