23:17 2021年06月22日
スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (332)
0 110
でフォローする

東京五輪・パラリンピックで活動するスポーツドクターのボランティアについて、組織委員会が日本整形外科学会を通じて参加の意向を調査したところ、希望者が募集の半数以下にとどまったことが判明した。NHKが報じた。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は大会期間中、競技会場などで1万人程度の医療従事者に活動してもらう計画で、医療関連の団体などに協力を要請している。

日本整形外科学会が、全国の4784人の医師を対象にスポーツドクターのボランティアとして参加する意向があるか、先月以降アンケートを行った。その結果、200人の募集に対し、参加の意向を示したのは92人だったという。

調査を受けた医師は「コロナ禍で医療がひっ迫する中で、現場を離れられない」と話した。

また、アンケートで提示された医療スタッフの募集要項は、活動期間は3日間程度でも可能で、1回当たりの活動時間は休憩を含め9時間程度となっている。しかし、ボランティアのため、謝礼金は支払われない。

募集要項を見た医師は、「勤務先の病院や医師への報酬もなく、感染症が流行している地域で活動するのか、いつ検査を受けられるのか、すぐに職場に戻れるのかといった情報も示されないことに憤りを感じます」と語った。

組織委員会は「コロナ対応の業務に従事していないような医療スタッフの方にご協力いただくことが可能かどうかといった相談をしている」とし、「必要な医療スタッフの精査を行う」などとコメントしている。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (332)
タグ
東京, 五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント