03:54 2021年06月19日
スポーツ
短縮 URL
0 01
でフォローする

米女子総合格闘家でUFC参加経験者のペイジ・ヴァンザント(27)とレイチェル・オストビィチ(30)がグローブを装着せずに素手で対戦するベアナックル・ボクシングで対戦する。MMAの人気娘がぶつかりあう試合はベアナックル・ボクシング選手権19ツアーの一環として7月23日に行われる。

ふたりともMMA界のセックスシンボルされ、大胆な写真撮影も手伝って、SNS界で多くの人にもてはやされている。

ふたりは2019年1月UFC Fight Night: Cejudo vs. Dillashawですでに対戦しており、試合は第2ラウンドでヴァンザントが腕ひしぎ十字固めで一本勝ちしている。その後、ふたりとも成績が振るわず、UFCから離脱し、ベアナックル・ボクシング・リーグと契約を交わしている。

試合はオストヴィッチにとってはデビュー戦で、ヴァンザントは今年2月の初参戦でブリテン・ハートに期した負けの返上を狙っている。

ヴァンザントの総合格闘技の戦績は13戦8勝、オストヴィッチは10戦4勝。


関連ニュース

強さだけではなく、精神力も! MMA女性ファイターがビキニ姿でヨガ教室に参加の写真を公開

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント