03:57 2021年09月28日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ハビブ・ヌルマゴメドフ氏は総合格闘家としてのキャリアを再開しない意向を表明した。

ヌルマゴメドフ氏は記者団に対し、次のようにコメントした。 

復帰の問題は決して終わることはない。こうした問題は常にアクチュアリティーがある。ただし私の復帰は待たないほうがいい。それにはとても時間がかかるからだ。面白くもない話だ。どうして私は戦う必要があるのか、私は疲れた。トレーニングで私たちは練習を積み重ね、リングに上がり、証明する。しかし何を証明するのか、何のためにリングに上がるのか。自分の存在を確認するためか、金を稼ぐためか。そんなことには興味が無い。

またトレーナーとしての活動についても検討していないことを明らかにした 

トレーナーのキャリアは予定していない。仲間が試合に出る際はアドバイスするし、自分の経験を伝えることもする。そうした活動は予定してるが、練習ジムに行ってトレーナーをするというのは検討していない。トレーナーをやるより、もっと大事なことがある。

2021年3月、UFCのダナ・ホワイト会長はヌルマゴメドフ選手が正式にキャリアを終えたことを明らかにした。ヌルマゴメドフ選手は29戦29勝。2020年10月にゲイジーと対戦し3度目のタイトル防衛に成功した後、引退を表明した。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント