03:36 2021年09月28日
スポーツ
短縮 URL
0 53
でフォローする

テニス四大大会の主催者は30日、女子テニスの大坂なおみ選手(日本)が今後も記者会見を拒否し続けた場合、開催中の全仏オープンの失格処分のほか、今後の四大大会で出場停止処分となる可能性もあると通告した。複数のメディアが報じた。

報道によると、大坂選手は30日、四大大会・全仏オープン1回戦の試合後の記者会見を拒否した。これを受け、大会主催者は1万5000ドル(約165万円)の罰金を科すと発表した。4大大会の主催者は連名で声明を発表し、メディア対応は選手としての責任だとし、大坂選手が今後も会見を拒否し続けた場合は、開催中の全仏オープンの失格処分のほか、今後の四大大会で出場停止処分となる可能性もあると通告した。

大坂選手は、大会主催者の発表後、ツイッターに「怒りは理解の欠如。変化は人を不愉快にさせる」と投稿した。

現在、Googleトレンドでは、大坂選手の失格処分の可能性に関するニュースが注目されている。原稿執筆時点においてGoogleで検索されているキーワード「全仏オープン」の検索回数は10万を超えている。

タグ
テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント