20:16 2021年06月24日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

国際総合格闘技連盟(IMMAF)のケリス・ブラウン代表は、総合格闘技のカリスマ的ロシア選手エメリヤーエンコ・ヒョードル氏に総合格闘技の世界大使になるよう要請した。 

ロシアメディアに対し同代表は、「私はエメリヤーエンコ・ヒョードル氏に総合格闘技の発展のため世界大使になるよう提案している」とコメントした。「彼は他にはないあらゆる優れた人間的な要素とアスリートとしての卓越した資質を兼ね備えている。このポストにふさわしい人物は彼しかいない」。

米国の総合格闘技団体Bellatorとの契約で同選手はあと2試合行なうことになる。これに先立ち、ヒョードル氏は、次の試合をロシアで行うと発表した。しかし、日程は明らかでない。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント