22:07 2021年07月28日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

テニス世界ランキング3位のスペインのラファエル・ナダル選手(35)がウィンブルドン選手権と東京五輪の出場を見送った。自身のインスタグラムで発表した。

ナダル選手は、「お知らせしたことがあります。ウィンブルドン選手権に出場しないと決めました。また東京五輪でもプレーしません」とコメントした。「自分のキャリアを継続し、自身が幸せであり続けるためには、これが正しい決定だと言えます」。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Rafa Nadal (@rafaelnadal)

同選手は、クレイコートでの苦しいシーズンを終えた後に体調を回復させることができなかったと述べ、大会欠場という決定は中長期的な視点で考えたものだと強調した。

ナダル選手は、男子プロテニス協会(ATP)の大会で88勝し、その中にはグランドスラムでの優勝20回が含まれる。この記録はスイスのロジャー・フェデラー選手と並ぶもの。ナダル選手は全仏オープンで13回、全米オープンで4回、ウィンブルドン選手権で2回、全豪オープンで1度という輝かしい優勝記録を誇る。

ウィンブルドン選手権は6月28日から7月11日まで開催予定。また、東京五輪は7月23日から8月8日まで開催が予定される。

関連ニュース

タグ
スペイン, 五輪, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント