12:17 2021年07月25日
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

11日、米ラスベガスで総合格闘家コナー・マクレガーとダスティン・ポイエーとの対戦が行われ、ポイエーのTKO勝ちで終了した。この対戦内容は、マクレガーを追ったドキュメンタリー映画『コナー・マクレガー:ノートリアス』のファンたちに悪夢のようなマクレガーの今後を示す形となった。

今回マクレガーは、第1ラウンドの終了間際に左足を骨折。試合を続行することができなくなった。この骨折がなければ、ポイエーは第2ラウンドでマクレガーを気絶させていたかもしれない。

​マクレガーは自分を敗者だとは思っておらず、リングに戻ってくると宣言した。マクレガーのファンは、敗北で終わった第1ラウンドのことは不自然に曲がってしまった足の怪我という事実によって忘れてしまうだろう。

​マクレガーはもう戦うべきではないかもしれない。最近行われた4試合では3度敗北している。現在のマクレガーは以前のようなレベルに達しておらず、このまま負け続けていく可能性がある。マクレガーが積み上げていったレガシーはすでに少し損なわれてしまったが、彼は今ビジネスと家族のことに集中する時ではないだろうか。

関連ニュース

タグ
コナー・マクレガー, 格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント