18:58 2021年07月24日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

アイルランドの総合格闘家で、元UFCの二階級制覇王者のコナー・マクレガーは、骨折した足の手術を受け、無事成功したことがわかった。

マクレガーは11日、UFC 264のメインイベントで米国人のポイエーと対戦。しかし、第1ラウンドの終了間際でマクレガーは骨折。マクレガーの足はひどく曲がってしまい、試合を続行することができなくなってしまった。今回、マクレガーはTKO負けとなった。

​マクレガーは、「ちょうど手術室から出たところだ。手術はとてもうまくいった。気分は最高だ。6週間の松葉末生活を終えたら俺たちは戻る。前に進もう!ありがとう」とツイッターに投稿した。

マクレガーとポイエーの直接対決は、今回で3回目。2014年に行われた1回目はマクレガーが勝利し、2回目となる2021年1月にはポイエーがTKO勝ちした。UFCのダナ・ホワイト社長は、すでに両者の4度目の対戦を発表している。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント