03:03 2021年08月06日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

男子テニスで元世界ランキング1位のロジャー・フェデラー選手(スイス)は14日、東京五輪欠場をツイッターへの投稿で表明した。

グランドスラムを20回も制覇したフェデラー選手はツイッターへの投稿で次のように記した。

とても残念だが、芝シーズン中に膝のケガが再発した。私はこれを受け入れ、東京五輪を欠場しなくてはならない……私は深く失望している。というのも、スイス代表として参加することはいずれも私にとって名誉で、キャリアにとっても重要な瞬間だったからだ。すでにリハビリを始めており、夏の終わりには試合に復帰できることを期待している。スイス代表団に成功を祈り、遠方から皆さんを全力で応援する。

11日に閉幕したウィンブルドン選手権でフェデラー選手は体調不良により、準々決勝で棄権していた。2020年には40歳の誕生日を迎え、2度も膝の手術を行っており、シーズンの大半を欠場していた。

関連ニュース

タグ
五輪, 東京, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント