19:27 2021年09月21日
スポーツ
短縮 URL
0 51
でフォローする

ミハイル・ガルージン駐日ロシア大使は29日、東京で行われたプーチン大統領杯日本サンボ選手権大会を訪れ、表彰式で優勝者に賞を授与した。リア・ノーボスチ通信の特派員が現地から報告している。

同選手権は2月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により2度にわたって延期されていた。日本では現在、緊急事態宣言が21都道府県で導入されていることから、参加する選手の数は例年の数分の1まで減少した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同選手権は厳しい条件の下で行われた。この大会には、新型コロナ検査で陰性が確認された選手だけが出場できた。

同選手権では、男子58キロ級で優勝した馬場元気選手が最優秀選手賞を受賞した。男子64キロ級では平野元大選手、71キロ級では萩原匡平選手、98キロ級では比嘉渉選手が優勝した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 日本, ウラジーミル・プーチン, サンボ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント