23:39 2021年09月20日
スポーツ
短縮 URL
0 01
でフォローする

テニス女子世界ランキング3位の大坂なおみ選手は4日、全米オープン3回戦で逆転負けした。NHKが報じている。

4日、米ニューヨークで全米オープンの3回戦が行われた。大坂選手と対戦したのは、世界ランキング73位で18歳のレイラ・フェルナンデス選手。

​第1セットでは大坂選手が7-5で取ったが、第2セットでは6-7で落とした。試合中にはいらだち隠しきれない場面も見られ、自分のペースに持ち込めないまま第3セットは4-6で奪われ、大坂選手は逆転負けした

​大坂選手は、その後の記者会見で涙を浮かべ、「最近、試合に勝ってもうれしいというよりほっとする感じ。負けるととても悲しい気持ちになる。これは普通ではないと思う」と語り、休養を取るとの考えを明らかにした。

​大坂選手は2021年5月の全仏オープンで精神的負担を理由に記者会見に応じず、2回戦を棄権した。

関連ニュース

タグ
大坂なおみ, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント