18:55 2021年09月17日
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

全米オープンの最終日、男子シングルス決勝がニューヨークで行われ、第2シードのダニイル・メドベージェフ(ロシア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6―4、6―4、6―4で破り、4大大会初優勝を決めた。

最終戦は2時間15分続き、メドベージェフが勝利を収めた。この試合でメドベージェフは16のエースを取り、9つのダブルフォルトを犯したのに対し、ジョコビッチのダブルフォルトは3回だった。また、メドベージェフはブレイクに4回成功、ジョコビッチは1回だった。

​ロシア・テニス連盟のシャミリ・タルピシチェフ会長はリアノーボスチ通信の取材に応じた中で、メドベージェフの快挙をたたえた。

我々のスポーツ界全体、ロシアスポーツにとってこれは快挙だ。今年は我々にとって記念すべき年だ。我々はATPカップ、五輪金メダルを制し、ダーニャ(ダニイル)がUSオープンで勝利したのだ。ダニイルのようなケースはロシアで多くの若者をテニスコートへと導くだろう。これはロシアのテニス、ロシアのスポーツにとっての快挙だ。

メドベージェフが4大大会で優勝したのはこれが初めて。今年2月にメドベージェフは全豪オープン最終戦でジョコビッチに敗れていた。

関連ニュース

タグ
ロシア, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント