20:00 2021年09月20日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
0 151
でフォローする

28日に行われた東京オリンピックのテニス男子シングルス3回戦で勝利したロシアのダニール・メドベージェフは試合後、ミックスゾーン(取材エリア)でチリのジャーナリストが投げかけた質問に憤慨し、このジャーナリストのオリンピック参加資格の剥奪を求めた。

チリのジャーナリストの質問はマスク着用の影響でよく聞き取れなかったため、メドベージェフは聞き返した。そしてチリのジャーナリストは、次のように質問した。

「ロシア人たちは今大会で詐欺師の烙印を押されている。あなたはこれをどのように認識していますか?」

メドベージェフはこの質問にかっとなり、「私は人生で初めてインタビューの質問に答えない。人生で初めてだ!あなたは自分の質問を恥じるべきだ」と述べた。

メドベージェフはその後、国際テニス連盟(ITF)に「私はこの人物をミックスゾーンで二度と見たくない。私の人生で今後決して(見たくない)。私は彼の質問には答えたくない。おそらく皆さん(ITF)は、彼がオリンピックの場にいないようにするために配慮するべきだ」と訴えた。

その後、ロシアのジャーナリストの1人は、このチリのジャーナリストについて、連れ出されたと伝えた。なお、チリのジャーナリスト本人は、メドベージェフが「質問を誤解した可能性がある」と考えているという。

ロシア・テニス連盟のシャミル・タルピシェフ会長は、ロシアのテニス選手たちに対し、挑発的な質問には反応しないようアドバイスした。

東京オリンピックは28日、テニス男子シングルス3回戦を行い、大会第2シードのロシアのメドベージェフが、第15シードのイタリアのファビオ・フォニーニを6-2、3-6、2-6で下し、準々決勝進出を決めた。試合中、メドベージェフは暑さに苦しみ、理学療法士を2度呼んだ。

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント