03:20 2021年09月26日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
0 20
でフォローする

ロシア・オリンピック委員会(ROC)のスタニスラフ・ポズドニャコフ会長は、東京オリンピックのフェンシング女子サーブル団体の決勝に出場した娘・ソフィア・ポズドニャコワ選手の試合であまりにも感情的になり、イエローカードを受けた。なお、ロシアは金メダルを獲得した。

ロシアのマスコミによると、ポズドニャコフ会長は娘のソフィア・ポズドニャコワ選手が参加した試合で審判の判定の1つに「感情的に反応」し、審判は試合を中断、ポズドニャコフ会長とコーチ陣の1人にイエローカードを提示した。

なお、決勝でロシアはフランスに45対41で勝利し、金メダルを獲得した。ポズドニャコフ会長の娘・ソフィア・ポズドニャコワ選手にとっては今大会2つ目のメダルとなった。1つ目は個人戦で獲得した。

ポズドニャコフ会長も元フェンシング選手で、オリンピックのフェンシング男子サーブルで金メダル4個、銅メダル1個を獲得している。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
タグ
五輪, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント