10:13 2021年09月27日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
0 27
でフォローする

日本の愛知県名古屋市の河村たかし市長が4日、東京五輪・ソフトボールで金メダルを獲得し、表敬訪問のために訪れていた後藤希友(みう)投手(20)のメダルに突然かみついた。市役所には苦情の電話やメールが殺到しているという。日本のメディアが報じた。

名古屋市出身の後藤選手は4日午前、市役所を訪れ河村市長と面会し、金メダル獲得を報告した。

河村市長は競技での後藤選手の功績を称えたものの、その中で後藤選手から首にかけてもらった際、突然マスクを外し、メダルを口に入れてかじる動作を見せた。後藤選手は一瞬驚いた様子だったが、すぐに笑顔で反応した。

しかしこれについてSNS上では「後藤選手がかわいそう。メダル交換してあげてほしい」「(河村市長が)非常識すぎる」など批判の声が相次いだ。また、市役所にも批判の電話やメールが寄せられているという。

河村市長は同日日夜、「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は憧れだった」としたうえで、「迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」と謝罪のコメントを発表した

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント