22:00 2021年06月14日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (321)
0 12
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)は8日、シリアやイラン、南スーダンなど11か国出身の29人の選手がどの国や地域にも属さない「難民選手団」として今夏開催予定の東京五輪へ出場することを発表した。NHKが報じた。

今回選手団に選ばれたのは男子19人、女子10人の計29人。前回のリオデジャネイロオリンピックより19人増加した

出身国の内訳は、シリアが最も多く9人。次いでイランが5人、南スーダンが4人、アフガニスタンが3人、エリトリアが2人となっている。またイラク、カメルーン、ベネズエラ、スーダン、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国から1人ずつが出場する。

競技の内訳では陸上が7人、柔道が6人、テコンドーが3人。競泳、ボクシング、自転車、空手が2人ずつ、バドミントン、カヌー、射撃、ウェイトリフティング、レスリングが1人ずつとなった。

29人は来月12日に中東カタールに集合し、14日に日本に向けて出発する。その後、早稲田大学で事前のキャンプを行い大会に出場する予定となっている。

「難民選手団」は前回の2016年リオデジャネイロオリンピックで初めて結成され、紛争などで母国を逃れた難民の選手10人が参加した。

関連記事

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (321)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント