12:59 2021年07月24日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 06
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が、7月9日で調整されていることが明らかとなった。NHKが報じた。

すでにIOCの調整委員会のコーツ委員長が来日し、会場視察などを行い、大会の準備状況を確認している

バッハ会長の来日は予定より早まり、開会式2週間前の来月9日になる見込み。同会長は5月に来日を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出されたことから、来日を延期していた。

関連ニュース

タグ
五輪, 新型コロナウイルス, 国際オリンピック委員会
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント