19:53 2021年07月24日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (379)
0 05
でフォローする

東京オリンピック・パラリンピック組織員会は26日、大会のボランティア約7万人すべての新型コロナウイルスワクチンを確保するめどが立ったと発表した。NHKが報じた。

報道によると、東京大会では約7万人のボランティアが活動する。

NHKは組織委員会を引用し、東京都の協力でモデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンを追加で確保することができ、ボランティア全員分のワクチン確保のめどが立ったと報じている。これまでは一部のボランティアに対し、国際オリンピック委員会(IOC)を通じて提供されたファイザー社製ワクチンの接種が行われていたという。

東京都の協力で追加確保されたワクチンの接種は、1回目が6月30日から7月3日、2回目が7月31日から8月11日にかけて行われる予定。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (379)
タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 日本, 東京, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント