19:44 2021年08月01日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 02
でフォローする

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は28日、日本外国特派員協会で会見し、各国選手団の84%がすでに新型コロナウイルスワクチンの接種を開始したことを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)の意見交換会でバッハ会長から説明があったという。

また山下氏は会見で「IOCは大会開催により日本国民に迷惑をかけないということでこの(ワクチン接種)計画を進めていると聞いている」と述べ、「ワクチン接種は義務ではないが、多くの関係者の接種が進むことで安心・安全な大会の運営に大きく寄与できると私自身も考えている」と語った。

山下氏によると、日本選手団のワクチン接種は6月1日に始まり、選手、監督、コーチ、スタッフなど約1600人が接種を受ける予定。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント