20:34 2021年08月01日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本の文部科学省は6日、東京オリンピック・パラリンピックの会場となる国立競技場での新型コロナウイルスの感染リスクについて、1万人の観客が入った場合でも「リスクは低い」とするスーパーコンピューター「富岳」の試算結果を公表した。日本のメディアが報じた。

理化学研究所は文部科学省の指示を受け、スーパーコンピューター「富岳」を用いて試算を実施。観客1万人の中に従来株の感染者が10人いる中で4時間滞在した場合、新規感染者が何人生じるかを予測した。

その結果、毎秒0.7メートルの風が観客席の後方から吹く場合、座席を空けずに詰めて座ると新規感染者は0.08人となった。前後左右に間隔を空けるとほぼゼロという結果になった。

一方、前方から風が吹いた場合、間隔を空けた場合は0.23人となったが、詰めて座った場合は4.7人となり感染リスクが増加した。

これについて萩生田光一文部科学相は6日、閣議後の記者会見で「(マスク着用・空席など)前提条件が整えば感染拡大は抑えられると証明された。大会が安全安心に運営されるための参考として活用してほしい」と述べた

タグ
五輪, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント