12:36 2021年07月25日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 06
でフォローする

東京都の小池百合子知事は15日、都庁で国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談し、出場するアスリートがベストなパフォーマンスを発揮できる環境づくりに努める意向を伝えた。NHKが報じた。

会談で小池都知事は、「大会まで8日となったが、毎日コロナ対策でさまざまな数字と闘っているところだ。基本的な感染防止対策の徹底や実効性のある一層強力な措置を講じ、都民や国民、世界から来る皆さんの健康や命を守っていきたい」と述べた。

そのうえで「アスリートがベストなパフォーマンスができるような環境づくりを行っていく。世界中の人を興奮させて楽しませてくれるスポーツの力を信じている」と強調した。

これに対しバッハ会長は、今大会と「世界のスポーツイベントの中で最も制限の多い大会となるが、あらゆるリスクを避けて東京や日本の皆さんの安全に貢献したい」と述べた。また大会開催に関しては、感染防止に必要なルールをまとめた『プレーブック』に記載されたルールが実行されて機能しているとした。

さらに、出場するアスリートは日本到着時に検査を受けており、陽性となった場合は隔離措置が取られるほか、濃厚接触者も手順どおりに管理がされていることから「日本の人たちに対するリスクはゼロだ」と述べた。

関連記事

タグ
国際オリンピック委員会, 五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント