17:59 2021年10月19日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 12
でフォローする

東京五輪の事前合宿で日本の大阪府泉佐野市に滞在先から失踪したウガンダの選手が、「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」などと記したメモを残していたことが明らかになった。日本の各メディアが報じている。

16日、大阪府泉佐野市の五輪事前合宿に参加していた重量挙げ選手の男性(20)が、毎日行われている新型コロナウイルスのPCR検査の検体を提出していないことに市の職員が気づき、部屋を確認したところ、不在が判明した

男性は来日前、世界ランキングで五輪出場圏内だったが、更新されたランキングで出場できないことがわかり、帰国する予定だった。

男性の部屋には「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事を探す」などと書かれた置き手紙が残されていた。

また、市に隣接する熊取町のJR熊取駅で16日午前6時半ごろ、男性が名古屋行きの新幹線の切符を買う姿が目撃されていた。

ウガンダ国内の関係組織が選手の携帯電話にかけたところ、本人が出たが「話せる状況にない」と電話を切られたという情報もある。

警察は捜索を続けている。

関連ニュース

タグ
日本, 東京, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント