05:39 2021年07月31日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 114
でフォローする

日本の茨城県鹿嶋市内の小学校で、同市スタジアムで東京オリンピックの試合を観戦する児童の保護者に向け、会場に持ち込む飲み物を出来るだけ大会公式スポンサーであるコカ・コーラ社製とするように通知していたことがわかった。日本のメディアが報じた。

鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムでは22日からサッカー競技が実施されるが、新型コロナウイルスの影響で観客は学校連携観戦チケットを持つ地元の児童・生徒に制限されている。

市の教育委員会によると9日、市内の小中学校16校が参加した説明会で、大会組織委員会の担当者から、公式スポンサーであるコカ・コーラ社のペットボトルはそのまま会場に持ち込めるが、他社の製品はラベルをはがすよう指導があった。また、「スポンサーに配慮をお願いしたい」との発言もあったという。

その後、説明会に参加したうちの1校が保護者向けに「ペットボトル飲料を持ち込む場合はコカ・コーラ社製」とする文書を出したが、その文書がツイッター上で拡散され、市には苦情が殺到した。

これを受け教育委員会は「市として特定のメーカーを勧めた事実はない」とし、学校にはどのメーカーの飲み物でも持ち込めることを改めて通達した。「学校が組織委員会の趣旨を正直に受け取った結果、誤解を招いてしまった」と説明している。

関連記事

タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント