13:32 2021年07月24日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 42
でフォローする

日本の大阪府泉佐野市で東京オリンピックの事前合宿中、ホテルを抜け出して行方が分からなくなっていたウガンダ人選手が20日、三重県四日市市内で発見・保護されたことが分かった。NHKが報じた。

行方不明となっていたのは重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手。捜査関係者によるとセチトレコ選手は20日、四日市南警察署をみずから訪れたという。

セチトレコ選手は事前合宿中に世界ランキングで五輪出場圏外となり、20日に成田空港から帰国する予定だった。

しかし16日、ホテルの部屋に「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事を探す」などと書かれた置き手紙を残し、行方が分からなくなっていた。

警察は現在、行方が分からなくなってからの詳しい経緯について、選手に話を聞いているという。

関連記事

タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント