21:11 2021年09月20日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 30
でフォローする

東京五輪・競泳女子200メートル個人メドレーで、日本代表の大橋悠依選手が金メダルを獲得した。

大橋選手は2分8秒52でフィニッシュし、女子400メートル個人メドレーに続いて、今大会2つ目の金メダルを獲得した。

2位は米国のアレックス・ウォルシュ選手(+0.13秒)、3位も米国のケート・ダグラス選手(+0.52秒)となった。

1大会で2つの金メダル獲得は、夏のオリンピックでは日本女子初の快挙となった。競泳では2008年北京大会の北島康介さん以来だという。

日本代表は、大橋選手の金メダル獲得のおかげで、メダル獲得数ランキング1位(金11個、銀4個、銅5個)となった。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント