19:29 2021年09月20日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
0 0 0
でフォローする

独立不正防止機関「アスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)」は31日、アンチ・ドーピング規則違反の疑いにより、東京五輪・女子短距離ナイジェリア代表のブレッシング・オカグバレ選手(32)を参加停止とした。

AIUは試合期間外の7月19日、オカグバレ選手に抜き打ちでドーピング検査を実施。サンプルを分析した世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は30日、AIUにヒト成長ホルモンの検査で陽性を示したと通知した。

ドーピング違反の判明は東京大会で初めて。

31日、オカグバレ選手は100メートル準決勝に参加する予定だった。

オカグバレ選手は、2008年北京大会において走り幅跳びで銀メダルを獲得。2013年にモスクワで開催された世界選手権でも銀メダル(走り幅跳び)と銅メダル(200 m走)を獲得した。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
タグ
東京, 五輪, ナイジェリア, WADA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント