14:28 2021年09月23日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
0 20
でフォローする

ベラルーシの陸上代表クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が搭乗したとされる航空機が、ポーランドのワルシャワへ向かった。

各メディアが伝えたところによると、ツィマノウスカヤ選手は4日午前、LOTポーランド航空が運航する便に搭乗し、成田空港からポーランドの首都ワルシャワへ出発した。

ツィマノウスカヤ選手は2日、ポーランドの人道的ビザを取得した


ツィマノウスカヤ選手は、東京五輪で7月30日に陸上女子100メートル予選に出場。2日には200メートル予選に出場する予定だった。

しかし、4×400メートルリレーの参加に必要なドーピング検査のサンプルがなかったため2人のベラルーシ選手が失格処分となった。このためベラルーシの陸上競技チームのコーチ陣は、この種目の予選(5日実施予定)にツィマノウスカヤ選手を出場させることを決定。その後、ツィマノウスカヤ選手はSNS上でこのコーチ陣の決定を批判した。

ベラルーシオリンピック委員会は1日、コーチ陣がツィマノウスカヤ選手の感情的・精神的な状態を考慮し、同選手を帰国させることを決定したと発表した。

帰国を迫られたツィマノウスカヤ選手は1日、羽田空港に連行された。しかし、同選手は航空機への搭乗を拒否。西側諸国への亡命を希望する意思を表明し、国際五輪委員会による介入を訴えた。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
タグ
ベラルーシ, 東京, 五輪, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント